清掃に関する用語集

は行

ハウスダスト
部屋の内部に浮遊する埃やちりのことを指します。ハウスダストは、主にカビやカビの胞子、砂塵、花粉や細菌、頭髪のふけ、繊維くず、ダニの糞や死骸などが混合したもので、ぜんそくやアレルギー症状の原因となるとされています。
剥離剤
合成洗剤の成分に強アルカリ剤や溶剤を配合したものです。弾性床材のような軟らかいものには、使用してはいけません。
剥離清掃
床の表面に塗布されたワックスの剥離作業及び清掃を指します。
バケツ
上部の開いている円筒形の容器で、持ち運ぶための鉉(つる)が付いているものを指します。金属製、プラスティック製のものがあります。
パッド
ポリッシャーで床面洗浄時に用いるもので、白・黄・赤・青・緑・茶・黒などがあります。白パッドの粒子が最も細かく、黒に近づくほど粒子が粗く研磨力は強くなります。
パッド台
ポリッシャーに装着し、パッドを使用する時に用いるものです。
パテナイフ
床面に付いたガムなどの固着物を除去する場合に用いるものです。
バフ掛け
床面の光沢を復元するため、ポリッシャーなどの専用機材で磨き上げる方法を指します
バフィングパッド
ポリッシャーでカーペットの床面洗浄時に用いるものです。
ばれんモップ
房糸が柄の先に束ねて取り付けてある姿から「ばれん」に似ていることから、そう呼ばれています。
ハンドスプレー
洗浄液、消毒液などを噴霧する場合に用いるものです。
ハンドパッド
部屋の隅、階段の蹴込み(けこみ)洗浄に用いるもので、硬・軟各種あり、目的に合わせて使い分けます。
万能pH試験紙
主に洗剤の酸度、アルカリ度を測定するために用いられるものです。
ヒールマーク
床面やフローリングに付着してしまった靴のすり跡のことをいいます。人が多く通るような場所ではよく見かけることと思いますが、床に引っ掻いたような黒い擦り傷のことです。このようなヒールマークは人が歩く際に靴の踵と床がすれることによって生じます。
飛散防止カバー
タンク付きポリッシャーで床面を洗浄する場合に、飛散を防止するため、ポリッシャーに装着して用います。
漂白剤
天日や水にさらしたり、薬品を使ったりして白くすることを指します。
プレスモップ
床樹脂維持剤の塗布用として、「塗りムラ」が出来ない点が優れているモップです。
フロアオイル
別名、床油ともいわれています。フローリングのほこり止め用のオイルです。
フロアシーラ
別名、床止め剤ともいわれています。石質、陶磁器質の床や傷んだ床に塗布するめど目止め剤を指し、床材の吸水性を防止し、耐久性を増します。
フロアスクイジー
汚水をかき集めて取るなど、主に床洗浄作業用として使用されているものを指します。
フローリング
床を覆うための木質系の素材、もしくは木質系の素材を用いた床。また床を木質系の素材で仕上げることを指します。
文化ちり取り
別名、改良ちり取りとも呼ばれています。ゴミがこぼれにくく、フタが付いているのが特徴です。
噴霧器
広い場所で水・洗浄液・消毒液を噴霧する場合に用いるものです。
ヘアーライン
細い、一本の髪の毛のような線によって金属等の表面を連続的に研磨する仕上げ方法のことを指します。ヘアーラインは、建物ののエントランス部や、台所のシンクなどのステンレスによく見受けられます。
ほうき
ごみ・ほこりなどをはき寄せ掃除する道具を指します。
防汚剤
汚れが付着するのを防ぐために用いる薬剤を指します。
防臭剤
悪臭を消すために用いるものです。
保護手袋
強い洗剤、薬品などを使用する場合に着用する手袋です。
ホースリール
ホースを巻き取る時に用いるものです。
ポリッシャー
別名、床磨き機とも呼ばれています(私は未だ一度たりとも聞いたことがありませんが・・・。)。モーターによって円形のブラシやパッドを回転させながら、床面を洗浄、またはワックスを塗布した場合の床面の研磨や、ドライメンテナンス作業などに使用する機械をいう。
ポリペール
貯水用やゴミの収容用などに用いるもので、容積は45リットルから90リットルまでのものが一般的とされています。
ページトップへ